佐賀信金について

ごあいさつ

理事長 杉町 謙吾

 会員の皆様をはじめ、地域の皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 平素は佐賀信用金庫を格別にお引き立て賜り、厚く御礼申し上げます。
 現在、当金庫を取り巻く経営環境は今まで経験したことがないような大きなうねりの中にあり、更なる超低金利環境の長期化が予想され、地域金融機関の統合による新しい競争環境などとともに、金融機関経営に今後強く影響してくるものと考えます。
 しかしながら、金融機関の本来業務(預金、貸出金、預り資産)に特化し、様々な金融サービスの付加価値と効率性を高め、ITの活用等による業務革新や経費構造の見直しなどへの取り組みを行い、地域に愛され親しまれる金融機関として収益力向上を図り、地域に無くてはならない金融機関としてその存在感を確立します。
 併せて社会的責任と公共的使命を常に自覚しコンプライアンスを経営の最重要課題の一つとして位置づけ、役職員一丸となって健全経営に徹していく方針です。

 皆様方におかれましては、当金庫に対して倍旧のご支援とご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

ページトップ